新しい命を守る

white pills in jars

クラミジアの予防は自分たちの体を守るためだけでなく、新しい命を守ることにおいても非常に重要です。
クラミジアは症状が乏しいという話をしましたが、それは初期段階の話です。感染を放置し続け、重度になってしまうと、女性は子宮外妊娠や不妊症になりやすくなり、男性の場合は睾丸炎などで精子に異常が生じる可能性があります。
どちらにしても子供を望めなくなってしまう可能性がありますので、必ず気をつけましょう。特にクラミジアは女性の方が感染リスクが高いので、将来の子供のためにも必ずクラミジア予防をしておきましょう。

クラミジアが恐ろしいのは、母子感染してしまうということにもあります。
クラミジアに感染している状態で出産すると、生まれてくる赤ちゃんもクラミジアに感染してしまいます。生後5日程度で発症し、肺炎などを引き起こしますので、命の危険が及ぶ場合もあります。生まれてくる子供の命を守るためにも、確実にクラミジアを治療できるようにしておきましょう。
万が一妊娠中にクラミジアに感染していることに気がついた場合は、ジスロマックを使った治療を行いましょう。ジスロマックはクラビットと比べて副作用が少なく、安全性も高いので、妊娠中でも安心して使えます。
生まれてくる前にクラミジアを治療しておけば問題はないので、とにかく早急に治療を行う必要があります。通販で購入するのもいいですし、病院の医師に相談する方法でもいいので、確実に治しておくことが求められます。