予防のためには

white pills

クラミジアは細菌性の性病で、主に性行為で感染します。コンドームを着用していれば予防は出来るのですが、オーラルセックスによって感染することもありますので、あらゆる性行為に注意する必要があると言えます。
クラミジアの恐ろしい点は、自覚症状に乏しいということです。男性の場合は尿道から膿が出るなどの症状があらわれ、女性の場合はおりものの増加などが症状として生じるのですが、多くの場合は症状が軽微すぎて気が付きません。
症状に気付かないままに性行為を行い、相手に感染させてしまったり、治療が遅れることによってエイズの感染リスクが高まったりしますので、非常に厄介な性病だといえるのです。

クラミジアの予防に最も大切なのは、頻繁に検査を実施することです。クラミジアの感染は性病検査をしない限りは確認が取れません。恋人と一緒に性病検査を行い、お互いが感染していないことを確認してから性行為を行うのが最も安全な方法だといえます。検査は病院や保健所で実施していますので、まずは気軽に利用してみましょう。保健所の場合は匿名で検査を受けることができますので、恥ずかしさを感じる方にもオススメです。
万が一感染が発覚した場合は、すぐに治療を開始する必要があります。ジスロマックやクラビットなどの治療薬を服用すれば、簡単に治療ができますので、焦らずに治療に取り掛かりましょう。クラミジアの脅威は感染を放置した際にだけ生じますので、定期的な検査だけ怠らなければ恐れるに足らない病気です。